記事一覧

こんなの見つけてしまいました

  とーく のぼりべつ  というページです。

 暇な人もいるものですね。

 このサイト、現在は見えなくなっていますね。小生が登別ボルダーに行った時のことが紹介されていたのですが。

 ところが、最近になって色々探索して見たところ、結局、lgネットというのか、国や自治体のネットワークと言うのか、との関係で、URLがlgドメインに変わっていました。で、リンクを修正しましたので、現在は見えるようになりました。

デジカメのこと

 瓢でボルダリングの最中にデジカメが壊れてしまった。スイッチを入れてもレンズが出なくなってしまったのだ。仕方がないから、新しいデジカメを買うことにした。何しろ、修理を頼むと2万円前後は掛かってしまうらしい。買った当初から余り気には入っていなかった機種だったので、迷わず買い換えることにしたのだ。

 デジカメ屋で、最近のデジカメを見てみたら、皆結構な値段がする。200万画素でももてあましていた小生にとっては、700万画素800万画素なんて、とんでもない画素数だ。それでも最低レベルで、最新式のやつだと、コンパクトデジカメでも1200万画素なんてのが普通の値段である。200万で十分だからもっと安くしろといっても、200万画素なんてものはどこも作っていないから、欲しければすごく高くなるとか。

 小生のデジカメの条件として、まず広角レンズであること。普及版で広角、一応28mm相当以下のレンズを付けた機種を出しているのは3社位しかない。一つは今まで使っていて余り気に入っていないメーカーだ。もう一つは最近売り出した超有名な家電メーカー。そしてもう一つは老舗のカメラメーカーだ。小生の持っていた機種のメーカーは一応レンズメーカーという評価らしい。ということで、この3社に候補は絞られた。

 次は、電池が使えること。しかし、コンパクトデジカメで電池が使えるのは、一応皆無。レンズメーカーに単4が使える機種が一つだけあった。そして、なんとその機種には24mm相当レンズが付いている。しかし、7万近くと価格も良い。

 最初は、この機種にと決めかけたのだが、主にボルダリングの写真を撮ることを考えると、今まででもぶつけたり落としたりは頻繁にあったから、余り高価なものはもったいない気もする。し、それに、単4電池2本だから、緊急避難的にしか使えないしと、考え直すことにした。

 それから、リモートでセルフタイマーのスイッチが入ることだったのだが、これは、小生が2台目として買って、相当長く使ったデジカメのメーカーくらいしかセルフのリモコンは無かった。おまけに、最近のリモコンはセルフのスイッチは入れられないとか。それではリモートの意味もない。つまり、リモートスイッチは殆ど無いと言うことらしい。

 以上、28mm以下の広角、電池、リモコンの条件を満たす機種は無かったのだ。となると、先の3メーカーから、余計な機能の余り無い機種と言うことで、3つほど選び出した。価格にして、3万から4万だ。

 カメラメーカーの実機を触ってみて、セルフタイマーの時間が30秒までセットできることが分かった。この機種、実は大分以前からあこがれていた名前の機種だ。もっとも以前あこがれていたものからは大分に大衆受けするような変更が加えれれてはいるようだが。

 電池が使えないならばと、バッテリーのモチで選んで見たら、家電メーカーの物になった。このメーカーのコマーシャルを見た時に、広角があることを知り、食指は動いていたメーカーではあったから、それも良いかとも思ったのだ。

 最終的に、セルフの関係からカメラメーカーの4万くらいのものを第一候補、電池のモチから家電メーカーの3万5千前後を第二候補、そして、レンズメーカーの3万弱のものを第3候補として、店員に聞いて見た。

 すると、レンズメーカーの機種では4万弱の機種の方が良いと進められた。画像処理方法が違うから、画像が大分に違うとのことだった。確かに、4時を過ぎた林の中での撮影は暗くなってしまって、出来れば高感度の機種が良いとは思っていた。

 カメラメーカーの機種について聞いて見たら、それなりに評価は有るとのこと。そして、実際の機種を見ながらそのときに得た情報で、撮影枚数が3機種の中では一番少ない、つまり、電池のモチが悪いのが気になった。それと、ポイント還元率がレンズメーカー15%に対しこちらは10%。つまり、一番高かった。憧れはあるのだが。

 店員とやり取りしている時に、セルフタイマーもだが、小生の使い方では、インターバル撮影が使えるのではと言われた。確かに、5秒なり10秒毎に勝手にシャッターを切り続けてくれるインターバル撮影は、セルフタイマーの1回きりよりはより多くの写真を自動で撮ることが出来る。おまけに最近は記憶媒体の容量が増えているから、撮影枚数を気にしなくとも良くなっている。後から不要な部分を消せばよいのだ。ということは、リモコンでセルフのシャッターを切る必要も無い。若しかすると、今までのセルフタイマー仕様よりは便利かも知れない。となると、カメラメーカーは第一候補から滑り落ちた。

 なおも色々と店員と話していたら、家電メーカーをあまり良くは言わなかった。つまり、宣伝費をかけすぎているというのだ。それに反し、レンズメーカーは殆ど宣伝をしていないと言う。でも、結構売れているとか。つまり、性能を評価されていると言うのだ。

 今まで使っていたレンズメーカーの機種は、搭載されていたソフトがあまり気に入っていなかったのだ。で、出来れば別のメーカーをと思っていたのだ。しかし、そのメーカーを薦められたのだ。

 まず、撮影モード切替スイッチの位置を確認して見た。今までの機種は、カメラを構えるときの親指の位置の近くに切り替えスイッチのノブがあり、気が付かないうちに動画モードになっていて、戸惑うことが多かったのだ。写真のシャッターを切った積りが動画の撮影がスタートしており、延々と地面の動画を摂り続けていたと言うことがたびたび有ったのだ。すると、その心配は消えた。

 その後もああだこうだと店員と話していたのだが、結局、再びレンズメーカーの店員の薦める機種に落ち着いてしまった。一抹の不安はあったが、色々な検討の結果だったので、そのレンズメーカーの4万弱の機種を買ってしまった。

 ということで、そのレンズメーカーのデジカメをここ暫く使っている。インターバル撮影自体は気に入っている。しかし、セットの面倒臭さには閉口している。その他、やはりソフトに半分幻滅した。やっぱりなんだか使い辛かった。

 とはいっても、買ってしまったから、半分機嫌よく使っている。半分は不機嫌で。まぁ、そんなものなのだろう。

近況

 最近は暑かったので、余り外には行ってはいなかった。で、何をやっているかというと、自動車の改造。というか、自動車には何の変更も加えないから、改造ではなく、改善か。

 つまり、車中泊仕様の自動車造りだ。といって、どこかをどうするということではない。何しろ自動車の内装は殆どがABS樹脂というか、そんな素材だから、何かを取り付けるということが物凄く面倒なのだ。仕方がないから、基本は、持込、積み込みである。要するに、ワゴンの後部座席を倒したスペースを平らにするためにマットを敷いたりするだけだ。ただそんなことだけでも、結構使い勝手が良くなったり、居心地、寝心地が良くなったり、そこそこ楽しめるのだ。

 いままでは、マット、カーテンを設置したくらいだったのだが、最近は、もう少し使い勝手を上げようと、物を置く棚を作ろうと考えていた。そして、タイヤハウスの出っ張りの上に置く籠を物色し、それを抑えるための突っ張り棒を買ってきて、セットしてみた。しかし、それはあまり見栄えも良くなく、走っている間に突っ張り棒が外れてしまって、余り上手く行かなかった。

 そこで、今度は、本格的な机様の棚を作ろうと、ホームセンターに材料を買いに行ったら、板や折りたたみの足などは結構高かった。工作も最近は殆どやっていないから、自信も余り無いので、一先ずは諦めようかと、店を出ようとしたら、幅、長さ、高さが丁度良い縁台が目に入った。値段も、材料費よりは安かった。最初に考えたものとは少し違う形になるが、もしかして使えるかもと、それを買い込み、組み立てて自動車の中に置いてみたら、寝る時に荷物を置いておく棚としては、丁度良いものになった。

 調子に乗って、前席と後部席を倒した背もたれとの間を塞ぐに丁度良さそうな幅、高さの鉄パイプの棚を買い、それも置いて見たら、丁度その開きスペースが埋まり、おまけに、棚は3段だったので、2段にして使い、あまった棚板は別の物置に使えてしまった。

 後は、現在置き場所に不便している大きな水用のポリタンクだ。横積が出来なく、高さがあるポリタンクを使っているので、縁台の下に入るくらいの高さの低いポリタンを探してくることだ。

 その辺が整うと、多分大分使いやすくなるだろう。

 でも、実際は少し長めの旅行をして見なければ、その使い勝手は判定できないが。

遂に画像が

ファイル 23-1.jpg
 以前、東北を旅した時に見つけたパチンコ台、というかコリントゲームというか、です。上からほやを転がして、入ったポケットによって得点や商品を競う為のボードらしいです。

それでもめげずにダイエットを続行したら

 いくらか体重が減ってきた。といっても、たいしたことはない。ほんの1kg弱だ。

 しかし、それが原因かどうか、未だ検証はできてはいないが、なんと、なんと、その効果を実感できる現象が起こったのだ。その現象とはこうだ。それまで、正対では取れず、左足ヒールフックでやっと取っていたホールドが、正対で取れたのだ。

 その日は、それまで、結構ギリギリでやっていたそのヒールフックが、何となく楽にできたのだ。2回目、3回目もそんなにきつくなくでき、終了点一歩手前まで行けたのだ。そこで、その後、ヒールよりは正対のほうがその後のムーブはずっと楽になるので、正対でやってみたら、それまで正対では一度も取れたことのないホールドが取れ、あと一歩で完登という所まで行ったのだ。

 その日は、条件としては、決して良かった訳でもなく、ホールドも、そこそこぬめっていたのだ。そこで、これをダイエット以外の結果と考えることは難しい、と結論つけた訳だ。将にダイエット効果と判定した訳だ。

 しかーし、その次の機会には、全くもとの黙阿弥だったから、体重を確認した所、元に戻ってはいなかったのである。

 ということで、ダイエット効果の判定については、非常ーに微妙な所では有るのだが、一応効果が有ったと思うことにしたのである。だって、その後は、小生の通うジムは全面的に壁のホールド替えが行われてしまい、その後の検証が不可能になってしまったのだから。

 やっぱり筋トレではなかなか効果の出ない小生にはダイエットしか残された道は無いことを実感した訳である。

 健康を損なう恐れ十分ではあっても、ダイエット、万歳、という所である。