記事一覧

近況

 最近は暑かったので、余り外には行ってはいなかった。で、何をやっているかというと、自動車の改造。というか、自動車には何の変更も加えないから、改造ではなく、改善か。

 つまり、車中泊仕様の自動車造りだ。といって、どこかをどうするということではない。何しろ自動車の内装は殆どがABS樹脂というか、そんな素材だから、何かを取り付けるということが物凄く面倒なのだ。仕方がないから、基本は、持込、積み込みである。要するに、ワゴンの後部座席を倒したスペースを平らにするためにマットを敷いたりするだけだ。ただそんなことだけでも、結構使い勝手が良くなったり、居心地、寝心地が良くなったり、そこそこ楽しめるのだ。

 いままでは、マット、カーテンを設置したくらいだったのだが、最近は、もう少し使い勝手を上げようと、物を置く棚を作ろうと考えていた。そして、タイヤハウスの出っ張りの上に置く籠を物色し、それを抑えるための突っ張り棒を買ってきて、セットしてみた。しかし、それはあまり見栄えも良くなく、走っている間に突っ張り棒が外れてしまって、余り上手く行かなかった。

 そこで、今度は、本格的な机様の棚を作ろうと、ホームセンターに材料を買いに行ったら、板や折りたたみの足などは結構高かった。工作も最近は殆どやっていないから、自信も余り無いので、一先ずは諦めようかと、店を出ようとしたら、幅、長さ、高さが丁度良い縁台が目に入った。値段も、材料費よりは安かった。最初に考えたものとは少し違う形になるが、もしかして使えるかもと、それを買い込み、組み立てて自動車の中に置いてみたら、寝る時に荷物を置いておく棚としては、丁度良いものになった。

 調子に乗って、前席と後部席を倒した背もたれとの間を塞ぐに丁度良さそうな幅、高さの鉄パイプの棚を買い、それも置いて見たら、丁度その開きスペースが埋まり、おまけに、棚は3段だったので、2段にして使い、あまった棚板は別の物置に使えてしまった。

 後は、現在置き場所に不便している大きな水用のポリタンクだ。横積が出来なく、高さがあるポリタンクを使っているので、縁台の下に入るくらいの高さの低いポリタンを探してくることだ。

 その辺が整うと、多分大分使いやすくなるだろう。

 でも、実際は少し長めの旅行をして見なければ、その使い勝手は判定できないが。

遂に画像が

ファイル 23-1.jpg
 以前、東北を旅した時に見つけたパチンコ台、というかコリントゲームというか、です。上からほやを転がして、入ったポケットによって得点や商品を競う為のボードらしいです。

それでもめげずにダイエットを続行したら

 いくらか体重が減ってきた。といっても、たいしたことはない。ほんの1kg弱だ。

 しかし、それが原因かどうか、未だ検証はできてはいないが、なんと、なんと、その効果を実感できる現象が起こったのだ。その現象とはこうだ。それまで、正対では取れず、左足ヒールフックでやっと取っていたホールドが、正対で取れたのだ。

 その日は、それまで、結構ギリギリでやっていたそのヒールフックが、何となく楽にできたのだ。2回目、3回目もそんなにきつくなくでき、終了点一歩手前まで行けたのだ。そこで、その後、ヒールよりは正対のほうがその後のムーブはずっと楽になるので、正対でやってみたら、それまで正対では一度も取れたことのないホールドが取れ、あと一歩で完登という所まで行ったのだ。

 その日は、条件としては、決して良かった訳でもなく、ホールドも、そこそこぬめっていたのだ。そこで、これをダイエット以外の結果と考えることは難しい、と結論つけた訳だ。将にダイエット効果と判定した訳だ。

 しかーし、その次の機会には、全くもとの黙阿弥だったから、体重を確認した所、元に戻ってはいなかったのである。

 ということで、ダイエット効果の判定については、非常ーに微妙な所では有るのだが、一応効果が有ったと思うことにしたのである。だって、その後は、小生の通うジムは全面的に壁のホールド替えが行われてしまい、その後の検証が不可能になってしまったのだから。

 やっぱり筋トレではなかなか効果の出ない小生にはダイエットしか残された道は無いことを実感した訳である。

 健康を損なう恐れ十分ではあっても、ダイエット、万歳、という所である。

またもダイエット失敗

 またも懲りずにダイエットをやってしまった。方法は食べないこと。というか、食べる量を減らすこと。ただそれだけ。大分以前に試みて失敗した方法だ。

 以前やったときは、確かに体重は減った。しかし、今回は、体重が減らないのだ。そして、空腹感があまり無かったのだ。で、以前よりは少し永く続けることとなった。

 でも、やっぱり以前のときと同じ結果になってしまったのだ。つまり、風邪をひいてしまって、それが結構悪化してしまったのだ。但し、以前のように何日も寝込むということにはならなかったが。

 経過はこうだ。先ず、喉がいがらっぽくなった。そして、鼻汁が出てきた。無理して仕事に行っていたら、遂に頭が痛くなり、寒気がしだした。そして、2日間寝込んでしまった。丁度休みに入った日からだったので、大した実害は無かったのだが。

 以前は体重が減り、それに従って体力も落ちたということだったと思うのだが、今回は、体重は減らず体力だけが落ちたということのようだ。

 今回ほど過激ではないが、ここの所、ずっと軽いダイエットは続けている。しかし、体重は減るどころか僅かずつではあるが増えているのだ。暫く前までは、その体重の伸びは筋肉量の増大と認識できたのだが、ここの所は明らかに脂肪の増量なのだ。運動はしない、食べる量も多くはない。それでいて体重だけは、というか脂肪だけは増えてゆく。そんな状態なのだ。

 食べなければ体力が落ちる。食べると脂肪が増える。どうすりゃ良いのだ。って、運動すればよいことは分かっている。でもねぇ。週2から週3はボルダリングをやってはいるんだけどなぁ。やっぱり運動量とすると少ないのかなぁ。

 若しかすると、ここの所、週3回もジムでボルダリングをやっていたから、体力が落ちたのかなぁ。やっぱり、外岩でレストしながらでなければ、だめなのかなぁ。

 どっちにしても、厄介な身体になってきてしまったのかなぁ。

またも人工壁

 土曜日は暑すぎだからと、気温が低いと予想された日曜日に外に行くことにした。

 日曜日、少し早めって、5時頃に起きたら、なんと昼には雨が降り出すとの予報。ガーン。またも外はだめか。それでも、天気予報を気をつけて聞いていたら、段々悪くなって、遂には12時には関東地方で雨が降り出すとの予報になってきた。その後もその線は崩れなかった。

 遂に8時を過ぎた。どうせ行くのは御岳だから、平地よりは雨は降りやすい。確実に昼には雨が降り出すだろう。しかたがないから、やっと諦めた。

 諦めると、やることがない。いや、やることはいっぱいあるのだが、やる気が起こらない。うだうだしていたら、昼になった。外を見たら、雨が降っていた。やっぱり。

 2時になった。日曜日の2時は、家にいるときは何時も見ている番組が始まる。それを見ながらそのままウダウダするか。それともジムに遊びに行くか。少し迷ったが、結局はジムに行くことにした。

 ジムに着くと、ジムの前の駐車スペースはいっぱいだった。仕方がないから、少し離れた駐車場に停めたら、雨に濡れてしまった。

 ずっとやっている奥の5級を触ってみた。終了点2手手前の三日月まで行くことができた。その先は、クロスで角を取れば次は終了点だ。次、どうしようか迷っていたら、落ちた。

 先週の大師匠の課題をやってみた。やっぱり横長のポケットが取れなかった。右手のカチが持ちきれなかったのだ。やっぱりそのカチ、少し浅かったようだ。

 少し休んで、もう一度やってみたら、やっぱり横長のポケットが取れなかった。

 他の人の同じ課題のムーブを見ていたら、スタートで足を開いて正対で出ていた。小生は、左足で横を向いて左手を出していたのだ。次に真似をしてみたら、正対でスタートができた。でも、同じ所が取れなかった。

 先週は、疲れていなかったらできると思っていたのだが、疲れていないのにできなかった。そんなに難しいムーブではないはずなのだが。

 次にやってみたら、ポケットがやっと取れた。そのポケットは悪くは無かった。リップのカチで右足を張りぼてに上げ、クロスで次のホールドを取り、その張りぼてに乗り込んだら、終了点が取れた。カチカチだから、指が温まっていなかったのだろうか。その課題も5級になっていた。やっぱり。

 いまだできない5級に戻って見た。三日月で、右足を次のホールドに上げてみた。狭くて動けないので、その足を元に戻して見た。やっぱりそこで落ちた。

 休んで、またやってみた。次のホールドでは狭かったので、次の次のホールドにヒールをかけようとやってみた。足が上がらなかった。

 登れる人が、そこを乗って見せてくれた。三日月で右足を次の次のヒールをかけようとしていたホールドに突っ張って次の角を取りに行っていた。そうか、そのホールドにはヒールではなくトウで突っ張るのか。やってみたら、足が上がらなかった。

 その課題の右側のもう一つの、今の所絶望的な5級も登って見せてくれた。やっぱりスタートホールドにヒールでないと難しいらしい。ヒールのかけ方も教えてもらった。

 スタートホールドへのヒールは、少し横を向いてやれば足が上がると教えてもらったので、真似をしてみたら、いくらか足が上がった。次の機会に試して見よう。

 被った壁とか、薄被りの壁とか、垂壁とか、幾つかの課題で遊びながら、三日月の5級を続けてみたが、段々疲れが出てきたのか、三日月までがやっとになってしまった。それでも、三日月までは行けるようになったようだ。少しは進歩したようだ。