無線LAN再び

 小生が普段持ち歩いているパソコンの無線LANカードが今度採用した暗号化方式をサポートしていないことがわかった。大した不具合が出るわけではないから、ほっといても良いのだが、やはり気持ちが悪いし、USBの無線LANアダプタが無線LANのアクセスポイントになることを思い出したので、どうせ余ってしまったものだからと、デスクトップパソコンのUSBで、APとして動かし、そちらの暗号化方式を今までの方式で設定して、動かしてみた。

 おかげで、持ち歩いているパソコンはそのAPを通してインターネットに繋ぐことができる様になった。で、だめもとで、内臓の無線LANポートが半分壊れた PCで、その以前の暗号化方式でそのAPに繋いでみた。繋がった。あれぇー。何それ。

 なんだかわからなくなってきた。やっぱりこれも一種の相性なのだろうか。最初から、今の中心で使っているAPとそれに繋がらなくなってしまったPCとの接続はなんとなく不安定なところがあったのだ。それがなんかのちょっとしたきっかけで繋がらなくなってしまったということのようだ。どうして繋がらなくなったのかはまったくわからない。

 だから、ネットワークは難しい、というか、できればやりたくない分野だ。