無線LAN

 暫らく前に、小生のノートパソコンの内臓無線LANポートが死んでしまった。仕方が無いからUSB用の無線LANアダプタを買ってきて使ってみたら、パソコンの立ち上げ時にインターネットに繋がらず、暫らくしてからしか繋がらない。そのため、立ち上げ直後に常駐ソフトがインターネットを見に行ったりするので、いろいろと不具合が出てしまった。で、結局、有線LANでの運用となってしまった。

 なんだか諦めきれずに、うまく繋がらない無線LANポートを色々といじくっていたら、暗号化しなければ無線LANに繋がることがわかった。ということは、ドライバーかと、ドライバーを再インストールしたりしてみたが、暗号下での接続はできなかった。

 家の無線LANは、相棒と二人で使っているから、無線APの設定を勝手に変えるわけには行かず、小生のパソコンのみでゴチョゴチョやっていたのだが、思い切って、APの暗号化方式を変えてみた。

 繋がった。死んだと思っていた無線LANポートが生きていた。良かったー。おまけに、最近WEP方式が破られてしまったらしいので、WEP方式をやめるきっかけにもなったし。目出度し目出度しである。