プロフェッサーキューブねた 再び

 最近は、目玉とか市松模様とか、色々な合わせ方で遊んでいる。

 ところが、突然、キューブが分解したのだ。他の3×3とか4×4とかのキューブとは違って、突然幾つかのブロックというか駒が飛び散ったのだ。3×3とか4×4とかの場合は、一つの駒が外れるだけで、他の駒はその形を保っているから、外れてしまった1つだけを復元してやればよいのだが、5×5の場合は、いきなり幾つもの駒が外れてしまうのだ。従って、外れた駒がどこの場所なのかが分からないから、外れた駒を元の場所に戻すと言うことが出来ないのだ。

 仕方がないから、中心の6つの駒が付いている心棒を残し、そのほかの全ての駒をばらし、一つ一つ丁寧に色を揃えて組み立ててゆかなければならなかった。

 5×5は3×3と同じように、中心の6つの駒は3本の心棒で固定されている。それを核としてそのほかの駒が組み合わされているのだ。

 実は、5×5以外は、各駒が結構丈夫に出来ているので、ワザと壊すのも簡単なのだが、5×5の場合は真中の8つの駒が物凄く薄くデリケートなので、怖くて、ワザとは分解できなかった。従って、駒の滑りを良くするシリコン液も分解せずに塗布していたのだった。

 5×5は、他のキューブと違って、なんだかカチッという感じで動いてくれるので、そのカチカチ感がすごく好きなのだが、そのカチッという感覚がお互いの駒との間にちょっとした力を加えあうようで、そのちょっとした引っ掛かりを無理に回すと、その力が爆発するような感じでブロックというか駒を弾き飛ばしてしまうらしいのだ。

 既に、その爆発を短期間の間に2回も経験してしまったので、今までは、このプロフェッサをいろいろな所に持ち歩き、遊んでいたのだが、これが怖くて出来なくなってしまった。1つ4千円前後するから、新たに買い足すのも憚られる。一回遊ぶのに数10分かかるので、結構手ごろな時間つぶしになっていたのだが、これからそれが気軽には出来なくなってしまった。

 少しだけ悲しい状況ではある。

 また分解してしまったら、その時にでも写真を撮ろうと思うので、今は写真は無い。悪しからず。

コメントを残す