リベンジ番外編

 ルービックリベンジは4×4だが、ルービックキューブには3×3の他に2×2というのが有るらしい。ミニキューブというらしい。因みに、5×5はプロフェッサーキューブだとか。

 リベンジもそろそろ飽き気味になってきたので、この2×2を真似してやってみた。つまり、4駒を1駒(正確には8駒を1駒)と見做し、4×4を2×2としてやってみたのだ。

 最初は、直に出来るだろうと思っていたのだが、実際にやってみたら、1段目は出来るものの、2段目、というか、4駒を合わせることが出来ない。グルグル回して見たのだが、どうしても、折角そろえたものが壊れてしまって、修復が出来ない。一度壊したものを修復しなければ揃えられないことは分かってはいたが、なかなかその方法が湧いてこない。動かしているうちに、揃っていた駒がどこに行ったか忘れてしまう。

 暫く格闘していたが、直に諦めて、ウェブ上で解法を探して見た。所がこの2×2、解法が付属しているらしく、ウェブ上には殆どその方法が載せられていない。やっと見つけたものは、すごく分かりにくかった。説明は詳しいのだが、何をしているのかの説明が無く、駒の動かし方しか書いていないから、同じ色の配置にしないと理解が出来なかった。

 そこで、もう少し探して、やっと何とか分かりそうなものを見つけて、やってみた。折角揃った1段目がめちゃめちゃになった。何回やっても結果は同じ。ヨーク見たら、1段目は自分でそろえるようと書いてあったのだが、それは製品に付属する解説書の文言だったらしく、実際は1段目のあわせ方が詳しく書かれていたのだ。それを理解するのに、結構な時間を潰してしまった。

 その辺がやっとわかって、2段目の位置を揃えて、その駒の方向を合わせる方法を見たら、3×3の方法と全く同じだった。
 大分に試行錯誤を強いられたが、やっとそろえることが出来るようになった。
 これで、2×2、3×3、4×4は揃えられるようになった。でも、5×5はやらない。多分絶対にやらない。と思う。

コメントを残す