やっと

 サーバの設定が一段落した。いくつかのウェブサイトはこの際ということで閉鎖してしまったが、主なサイトは復活した。最後まで残っていたサイト内のファイルの検索システムも復活した。
 今まで使っていたサーバへのセットアップでは、ソースからコンパイルしてインストールしたシステムもいくつかあったのだが、今度のサーバでは、コンパイルからというものは一つも無かった。マニュアルもそのディストリビューション用のものが日本語であったから、大筋では楽だった。
 しかし、殆どのソフトのバージョンが上がっており、設定ファイルの形式も違っていたり、新しい機能が付け加えられていたりと、より複雑になっていたから、決して見通しは良くは無かった。なんだか良くは分からない設定項目が多く、デフォルトのままというものが多かった。マニュアルも、設定に関しては、あまり詳しくは書かれていない。なんだかもやもやが残ったままだった。
 より詳しい解説、説明を求めて、それぞれのソフト専用のマニュアル本を探しても見たのだが、そういうものになると、どうしてもバージョンが古かったりする。翻訳書であれば、なおさらである。
 最新のものを求めるとなると、やはりウェブということで、ウェブ上を探し回ったのだが、ウェブ上のマニュアルは、小生には読みにくくてしようがない。プリントアウトするにしても、枚数が多くなってしまったり、レイアウトがプリントアウトに向いていなかったりと、プリントアウトする気にもならなかったりする。どうもなかなか上手く行かないものだ。
 だれがこの変化についていっているのであろう。思わず思ってしまった。

コメントを残す