NTP

 サーバの設定がおかしかったみたいで、時計が少し狂っていた。上位サーバの設定は良かったのだが、 restrict 宣言がおかしくて、折角取得した誤差を自サーバに反映することが出来なかったようだ。そんな高度な設定には接したことが無かったから、殆ど理解することなく、例示に従って、ただ漫然と設定してしまっていたようだ。その辺を直したら、いつの間にか時計の誤差は解消されていた。
 その辺のメカニズムはさっぱり分からないが、まあいいや。

コメントを残す