またまた二胡

 相変わらず二胡。それも雑音。

 今まで糸千斤を色々と弄ってきたが、思い切って固定千斤を試してみた。といっても、固定千斤が手元にないし、買えば二胡本体とそれほど違わない値段がするので、家にあった蒲鉾板で自作してみた。

 形とか寸法とかは見本がないのでほとんどわからない。で、写真を手本に結局エイヤーで作ってみた。

 竿に添わせる所のR部分を削り出したのだが、なかなかきれいに削れない。最初はきれいなRを作る積りだったが、結局いい加減なところで手を抜いてしまった。

 弦にゴムチューブを被せ、凧糸で出来上がった不細工な千斤をセットしてみた。細い穴に凧糸を通すのがなかなかできず、おまけにきつく縛ることもうまくできなかったので、千斤がグラグラしていたが、恐る恐る弾いてみた。

 いいじゃん。なんか雑音が出てないじゃん。しかし、見栄があまりにも悪いし、R部分がうまく削れなかったから、高さも高いし、何しろ一部ひび割れがしてるしで、意を決して再度作り直すことにした。

 最初はR部分をきれいに作ろうとしたが、それが、工具等の関係上、ほぼ不可能と判明したので、今度はR部分をずっと浅くしてやってみた。相変わらず不細工だったが、高さはほぼ2cmになった。凧糸をけばけばの出た細い穴に通すのは無理と諦め、これも百均で買ってきた貴重なテグスで巻きつけてみた。お蔭で、竿を傷つけるのではと思われるほどに、しっかり千斤の固定ができた。

 実はこの固定千斤の自作については大分前から考えていたことで、数日前に、偶然見つけた花梨と黒檀の木の切れ端を手に入れていたのだった。で、実は今回はその予行演習としての固定千斤作りだったのだ。そのため、工作用の工具も揃わないまま取り急ぎ作って見た物なので、工作がうまくゆかなかったが、今度は工具を揃えて花梨や黒檀で試してみるつもりである。

 とはいっても、工具を揃えたりなにやかやすると、出来合いのきれいなものを購入してしまったほうが安上がりかもしれない。たとえ本体がその固定千斤と大して変わらない値段だとしても。なんたって既にケースに本体の2倍の資金を投入済なのだから。それに、なんとなく弓も買い替えなければという感じになってきているようだし。弓は下手すると本体の4倍? 既にレッスン料にそれの何十倍も注込み済みだし。まっいいか。

コメントを残す